スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それぞれ思うこと

2009–05–12 (Tue) 20:16

自分を自分で傷つけること


それは悲しいことです





しかし


愚かなことだと みなさんは思いますか…?



よかったらクリックお願いします☆

先日 祖父に


「苦しいからって死にたい、なんてバカなことをいうやつがいる」


私がいるところで 言われた一言



ふとした時に

頭をよぎって 心を締め付けます





その前にも


「死にたいなら死ねばいい」と言われて


涙が止まらなくて。





そういう気持ちになるということ


仕事を休んでいるのは ただの行きたくない病ではないということ


それをわかってもらいたいがために話した返答がこうでした





以来

祖父と二人きりになるのが怖くて

連絡することさえも 祖母に事情を言って避けています





「死にたければ死ねばいい」なんて

本気で死んでほしいからいっているわけではないこと わかっています



でも

どんな風にとらえるかくらい 考えてほしかった…んです





病気を知らない人は

物言いが軽々しい    人が多い




祖父にとっても

きっと 孫娘から「死」なんて言葉を聞くとは思わなくて

ショックからでた言葉だったのかもしれませんが…




病人と付き合うのは

それこそ腫れものに触るかのごとく難しくて

病人もまた

周りの人とどんな風に接していいものか迷い戸惑います




祖父の気持ちが

全く察することができないわけではない けど

少しでも

身近に 少し助けが必要な人ができた今こそ

理解してみよう、って気持ちにはならないのかなぁ…

無理かなぁ…




まだ 「過去のこと」にも書いていませんが

私の父も似たようなもので;

距離を置くしかない状態なんですよね。

たった一人の父で 娘で

わかりあおうとすると きずつけあって

悲しいけど 哀しいけど 仕方ないんですね―…


スポンサーサイト

« お 1000人突破しちゃってました。 | HOME |  東京にお住まいの人!! »

コメント

コミュニティから来ました

心さん、ありがとうございます。
特に理由はないと書きましたが心さんの言うとうり『消えたい死にたいいなくなりたい』とどこかで思ってるからこその行動なんだと実感しました。

私は生きてる価値がないと常に思ってるような気がします。

でも心さんの言葉でとても励まされました。私が死んだら悲しむ人はいるでしょうか。きっと悲しんでくれる人がいるはず。
そう思って生きていこうと思います。


おじいさんにそんな事言われるのはツライですね。。。
避けてしまう気持ちわかります。だけど、心さんが言うようにおじいさんもショックでそんな事を言ったのかもしれませんよね。
だけどツライ気持ちわかります。『死にたいなら死ねばいい』涙が止まらなくなるのもわかります。
いつか病気の事をわかってくれる日が来るはず。。
心さん自らわかってもらえるまで説明してはどうですか??



心さん、よかったらお友達になって下さいね☆

病気でないということ

心を患ってない人から見ると、心を患っている人間は「ただの弱い人間」にしか見えないかもしれません。だから軽々しく響く言葉を平気で投げかけてきます。「わかってる、でもできない。それを理解して欲しい。」と思うことは数えきれません。

わたしも、父にはまったく理解されません。苦しいことを伝えようとしても聞いてもらえず、がんばれば、努力すれば、などと繰り返し言われます。生きることに対する努力が足りない、そう思ってるのでしょうね。だから父にはもうそういう話はしないことにしています。

身内だから理解して欲しい、って思う気持ちはどこかにあります。でも、身内だからこそ認めたくない、お互いそんな気持ちがあるのだと思います。


心さんが言われた言葉、ずきっときました。悲しいほど、辛いと思いました。

理解してもらうのは難しいかもしれないとも思いました。


彼らはもう、わたしたちよりもずっと長い時を過ごして着て、苦難も乗り越えた誇りがあります。その誇りは、「近頃の若い人たちは」とかそういう気持ちを抱かせる。そして、努力が足りないと言うでしょう。もちろん、かわいい孫娘からそんな言葉が出たショックもあるとは思いますが。

悲しいけれど、それが現実なのかもしれません。


うちの父のことを思い浮かべながら書いたのでずれたことを書いてるかもしれまさせんが、参考までに…(^-^;

よくありがちな祖父と父ですね

知ったが理解しようとしない人
いますよね~
そしてさらにひどいのが知ろうとしない人
さらに困りものですね!

祖父は、警察官か自衛隊とかですか?
そういった人たちは職場でそういった教育を
されてきたからしょうがないのかも
警察の正義と人間の正義は違いますからね
逆に医師、救急救命士とかならかなり違うんでしょうが

医師でこんな事いって言ってら医師失格ですがね(笑)

祖父は間違いなく自身の正義に従う傾向があるため
理解などしてくれないでしょうね

となると心さんの「距離をとる」と言った接し方は
正しいでしょうね

父も警察や自衛隊関係の職務なのかな?

だったら同じように距離をとるしかないでしょうね
一度、病院の診察に引き込んで医師から適切に
指示させ、距離を置くのが無難なのかも









Rさまへ


いらっしゃいませ(*´艸`)

コミュのお返事、ありがとうございますw

祖父の件はですねー・・・

祖父自身は間違っているとは思っていないんですよね。

だからたぶん頑張って説明しても

「甘えている」くらいにしか受け取ってもらえないんですよ、ね

何度かチャレンジはしたんですけどね

ある意味力尽きました(笑)

だから

わかってくれる人だけわかってくれればいいやー

って思うようにしました



お友達、大歓迎です(〃´∀`)

一緒に頑張りましょう!!

またいらしてくださいw

きさらさまへ

祖父に関してはそうなんですよね。

自分たちの頃はそんな病気はなかった

甘えている



私には直接言わないようにはなったけど
(私が泣くから)

私のことを考えると

そうなってしまうようです;;



父に関してはまたそれとはちがうんですよね;

「過去のこと」でも書こうと思っていますが

精神的にかなり父に縛られてきた 先生はそんな感じを受けると言っています

父は妻を亡くしてあとを追おうとしました

結局祖母に止められて今も健在ですが

妻を亡くしてたった一人の娘を大事にするあまり

その気持ちは「依存」へと変わってしまった


父の理解不可能な理由の一つかもしれません



でも…

私としては

自分の妻が自ら命を絶った光景

そこに至るまでの妻の言動

何も知らなかったわけではないんだから

もう少し私に対して危機感を持ってもいいんじゃないかなぁ

なんて思います


母の死は

全てが父のせいと言えない

けれど少なからず理由はあるんです

それを気づいてないんでしょうね…

ミゲルさまへ


毎回ミゲルさんの推測には驚かされます(o*_ _)o))


祖父は 海上保安官でした

海の警察官 ですね

だから正義感もあるんだろうし 言ってることに筋は通っている


ただ病人に言う言葉かどうかというと…

ん~ちょっと違うかな?

というか 正論すぎてダメージが大きい(笑)


言ってることはわかるけど 十分すぎるくらいわかるけど

それができないから今に至るんだよ…

という感じですね


甘えている と言われればもう言い返す言葉もありません

涙が流れるだけ



父に関してはちょっと(いやかなり?)違うんですね

自分の妻を亡くしている分 もう少し理解を示してもいいのでは

と 私は思うんですけど… 難しいですね

一度先生の話を聞いてもらえば分かるかもしれない と

病院まで送ってくれると言ったときにお願いしたんです

で 一緒に先生の話聞いてね って言ったら

「え いかない お前一人で行ってこい 車で待ってるから」


(゜д゜Ⅲ)ガーン・・・




そのことを彼に話すと

「親のすることじゃないよね・・・」ってあきれてました(笑)


それに父と一緒にいると 息が苦しくなって

2時間ももたないんです ただの世間話をしてるだけでも

ま そんな感じで

もう距離をとるしかなかったんですよね


コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://loveheart0v0princess.blog37.fc2.com/tb.php/36-ea6a3258

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

望月 愛梨

Author:望月 愛梨
ようこそおいでくださいました

名前:望月 愛梨(モチヅキ アイリ)
年齢:20歳
性別:おんなのこ


彼氏がいるけど
忘れられない恋…
(´・・)

一年前から心の病で休職中
(´・・)


誰にも言えない想い
忘れられない彼とのやりとり
今の彼氏との日常
病との戦い
通院生活

そんなことを中心に
このブログをかいております
足跡なんか残してもらえると
管理人は飛んで喜びます

体調不良により
更新が遅れることもありますが
あらかじめご了承ください☆

*****

下のリンク
「Closed eyes...」は
私の自作詩集(携帯閲覧推奨)
です
pcでも見られますので
よかったらおいでくださいませ
(〃´∀`)




[注意]
ここは
管理人:望月 愛梨の
自己満足で書いているブログです
お気に召さない方は
どうぞお静かに
お引き取り下さいませ
管理人が誹謗中傷・荒らしと
認めたコメント等は
予告なく削除させていただきます
予めご了承ください

最新記事

最新コメント

FC2ブログランキング

よかったらクリックしてください☆

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

みんなありがとう。

since:2009.4.27

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する このブログはリンクフリーです♪

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。